人間という良きものは、あまりにも弱いものです

 

今の言葉を借りればガラスのハートと言うべきでしょうか。

昔の時代はどうでしたか?
先生に怒られても親友と喧嘩してもいじめっ子にいじめられても精神が強く成長していった子供たちが居たことでしょう。

しかし、今の時代はどうでしょうか?
私から見れば今の時代は最悪とも言えます。

先生や他人が何か言っただけですぐに落ち込むし親友と喧嘩してもビビってしまうという子供たちが非常に多いです。

この現状はどうでしょうか?
私はダメだと思いますね。
今の時代に生きている子供は情けないですよ、全く。

しかも、いじめっ子にいじめられただけで自殺をする子供まで居る始末です。

そのような人はよほど精神が弱いのでしょうね。

私は、せっかく神様がこの世に生み落してきてくれた位の血なのに、それを自ら要らないと言っているようなものです。

まさに人間の弱さをえぐっているとも取れます。

何もこれは子供に限ったことではありません。

今の時代を生きている大人たちだってそうです。

会社で何かと上司に怒られただけで泣いてしまう大人もいるのです。

しかも、会社で上司に怒られているのに自分のお母さんに一緒に来て私の上司と話して!と頼む大人もいます。

更に上司に私は精神が弱いので、何をしてもあまり怒らないでくださいと上司に自己申告する大人も居るではありませんか。

そのような大人たちは上司に怒られたりすることで勝手に自分の弱さをえぐっているように取れて私は仕方がありません。

最近の日本はどうなっているのでしょうか?

また、どこ向っているのでしょうか?